効率化できるコールセンターシステムの導入|顧客満足度向上も望める

窓口設置と効率化

オペレーター

エンドユーザーへ商品の販売などを行う企業にとって、欠かすことのできないものとしてコールセンターの設置がある。コールセンターは、利用者からの問い合わせやクレーム対応の窓口となるものであり、販売後のサポートを行っていく上では設置が必要なものである。従来のコールセンターでは、電話を受けた担当者がその場で紙に聞いた内容をメモしながら進めたり、マニュアルなどを確認しながら対応していくということが一般的であった。しかし、最近ではコールセンターではシステム化が進んでおり、システムに情報を入力することで必要な情報を瞬時に取り出せるものとなっている。また、顧客からの情報を集積していくことで、今後の商品開発などへの手助けにもなっている。

コールセンターのシステムでは、担当者の大幅な業務効率化を図ることができ、少ない窓口設置で担当者の人数を減らしても対応できるものとなる。システム化されていない場合には、1つの問い合わせに対して多くの時間を要することになるが、システム化されていることで即座に対応でき、1つの問い合わせあたりにかかる時間を大幅に短縮化できる。また、利用者の満足度向上にもつなげられるということがある。問い合わせに対して回答に時間がかかったり、電話口で待たされたりすると、利用者の満足度低下につながり易い。しかし、システムを活用し即座に情報を取り出すことができれば、素早い回答に繋げていくことができる。それにより、利用者の満足度を向上できる。

展示会でアピール

展示会会場

展示会は、コンタクトのない見込み営業先と直接会うことのできる機会であり、事前の情報提供を工夫することで、より確度の高い見込み客を効率的に囲い込むことができる可能性があります。しかし、展示会には、競合会社が参加・来場することが懸念されるため、あまり情報を開示しすぎないことも重要です。

営業支援システムの充実

パソコンを操作する人

商談管理システムには訪問回数や所要時間、相手先の担当者や提案金額が記録され、管理者は案件化に向けて具体的な指示を出すことができます。情報を共有することで時間を節約し、業務効率を向上させられる点がメリットです。

おすすめサイト

  • 展示会施工業者比較君

    展示会ブースの施工を無料で調べておくことができるようになっています。詳細が知りたいならこちらを見てみよう。
  • OKIソフトウェア

    コールセンターのシステムを導入してスピーディーな対応を!シンプルな画面表示なので、扱いやすいと評判です。
  • 日本初!本当に必要な顧客管理とは何かを解説するサイト

    顧客管理システムを活用することで、ビジネスを円滑に進めていけるようになりますよ。注目されている製品をご覧ください。

通販サイトの購入率改善

サイト

急速に市場規模を拡大しているネット通販には、実店舗と比較してリアルタイムの接客ができないという課題がありました。この問題点を改善して購入率を高める目的で開発されたのが、ウェブ接客と呼ばれるツールです。ポップアップ型とチャット型の2種類があるウェブ接客のうち、後者は人工知能が高度な接客を実現します。

このエントリーをはてなブックマークに追加