営業支援システムの充実|効率化できるコールセンターシステムの導入|顧客満足度向上も望める

効率化できるコールセンターシステムの導入|顧客満足度向上も望める

営業支援システムの充実

パソコンを操作する人

商談の効率を把握

顧客管理や案件管理は代表的な営業支援システムであり、必要な情報を営業マン同士で、また管理者との間で共有することにより、密度の高い営業活動を可能にします。ただし既に成立している案件の管理だけでは、商談の効率までは把握できないので注意が必要です。訪問の回数と時間を重ねても進捗しない商談があれば、何らかのアクションを起こす必要があります。商談管理システムは、こうした情報を明確化する役に立ちます。商談管理では訪問回数や所要時間以外にも、先方の担当者や提案金額などを時系列で記録しておきます。管理者は商談の内容をチェックし、適切なタイミングや金額を指示するなど、次回の商談に向けた対策を練ることができます。

全社的な営業成績の向上

商談管理がしっかりとできていれば、個々の営業マンの案件化率や受注率、顧客単価などを算出することができます。これは営業成績の評価資料にもなりますが、改善の指針としても活用できます。不足している部分を的確に把握することで、営業成績全体の向上を図れるのがメリットです。もちろん商談管理システムには、情報共有による業務効率アップという利点もあります。いつでも必要な情報を検索できるため、無駄な打ち合わせの時間を節約でき、具体的で密度の濃い指示を出すことができます。成績の良い営業マンほど営業支援システムには消極的と言われますが、全社的に受注数を拡大するためには、営業部分が目的意識を持ってシステムを導入することが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加