通販サイトの購入率改善|効率化できるコールセンターシステムの導入|顧客満足度向上も望める

効率化できるコールセンターシステムの導入|顧客満足度向上も望める

通販サイトの購入率改善

サイト

購入率を高める工夫

小売業を手がける企業にとって、近年急速に市場規模を拡大しているインターネット通販は無視できない存在となっています。ネット通販を専門とする大手サイトが大きくシェアを伸ばす一方で、既存の小売店舗は売上の減少が避けられません。この新しい局面の中で生き残るため、インターネット通販事業に進出する企業が小売業界で増えています。同じ企業の中で実店舗とインターネット通販部を並立させる場合、ECサイトでは実店舗と違ってリアルタイムの接客ができない点が問題となります。特に実店舗でのきめ細かい接客術によって売上実績を伸ばしてきた企業にとっては、同様のテクニックが通用しない点にECサイトの限界を感じているケースも少なくないのです。しかしながらECサイトも現在では大きく進化を遂げており、そうした従来の弱点をカバーするIT技術が開発されています。ウェブ接客と呼ばれるツールを利用することによって、ECサイトからの離脱率を大きく改善することも可能となっているのです。サイトを離れようとしているユーザーにメッセージを表示するだけでも離脱率を低くできる上に、商品紹介ページの滞在時間が長くなるごとに購入率もアップするのです。

人工知能との対話で改善

ウェブ接客ツールにはポップアップ型とチャット型の2種類があって、ECサイトから離れようとしているユーザーにメッセージを表示させるのは前者です。これに対してチャット型にはより高度なプログラムが使用されており、ユーザーからの質問にも適切な返答を表示させることができます。あたかも本物の店員のように振る舞うことでユーザーの購入意欲を高めてくれることから、このチャット型こそが真のウェブ接客ツールと言えるのです。チャット型のウェブ接客ツールでは人工知能がユーザーからの質問に答えているため、24時間の接客を実現します。閲覧商品や過去の購買履歴を人工知能が瞬時に分析することによって、購入確率の高い商品をユーザーに提案することが可能です。ページの滞在時間や来訪頻度に合わせてクーポンやポイントを発行するといった手法も行われています。チャットを通じたレスポンスとクーポン・ポイントによる購買意欲刺激を併用することにより、ECサイトの購入率は大幅な改善効果が期待できます。医療分野や金融業界・検索エンジンでも活用されるほど人工知能は高度に進化を遂げていますが、ウェブ接客ツールは最も手軽な人工知能利用法なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加